表面を確認しておく|最近利用者が増えているレンタルタイヤとは何か

最近利用者が増えているレンタルタイヤとは何か

  1. ホーム
  2. 表面を確認しておく

表面を確認しておく

タイヤ

タイヤは、車の中でも最も大事な部品になります。これが無ければ走行することができないからでしょう。しかし、最も気にしておかないといけない部分でもあります。その理由は、車体を支えると同時に道路の上を走る、曲がる、停まるという走行するのに必要な要素の核となるのでタイヤが劣化してしまいやすいからです。劣化してしまえば、走行中に事故へ巻き込まれる確率がとても高くなります。ですから、タイヤ交換は定期的に行なう必要があります。しかし、人によってはどんな状態になったらタイヤを交換すればいいのか悩む人もいます。特に長距離でどこへ移動する時や冬場でスタッドレスタイヤを取り付けているけど雪道を走っても大丈夫かと心配するでしょう。

では、どういったところを見たらいいのかを紹介します。どんなタイヤでも実は、表面がすり減ってきたらスリップサインというものが出てくるようになっています。これは、タイヤの溝の深さが1.6mm未満のタイヤは使用してはいけないという法律が定められており、その深さに達したらスリップサインが出てくるようになっています。スタッドレスタイヤでもこのサインは出るようになっています。自分では判断しにくいと思ったら、お近くのガソリンスタンドのスタッフに相談してみるのもいいでしょう。他にも、専用のツールで溝の深さを計測することもできます。特に雪が積もる地域は、スタッドレスタイヤとなりますが、擦り減ってくるととても危険ですから長距離関係なく定期的にチェックしたほうがいいでしょう。そして、溝の深さが1.6mm未満になってしまっているのならスタッドレスタイヤを交換してもらうようにしましょう。